親しい付き合いがあるお店や重要な取引先のお店が新しくオープンする時には開店祝いとして花を贈る場合があるでしょう。どんな花を送るべきでしょうか。フラワーショップへ相談する方もいるでしょう。また直接贈る相手へどのような物を贈った方が良いかを先にお伺いを立てる場合もあるでしょう。お店のスペース的な物も考えて、大きさを選ぶことも重要でしょう。贈られる方の立場から考えると、色とりどりの生花のアレンジメントはとても華やかで素敵ですが、枯れてしまった後は少し寂しいものです。ですから、長く観賞できる鉢植えや観葉植物も嬉しいです。観葉植物は適度な水やりをすれば、室内で長く保つことができますし、グリーンは癒されます。長く置いておくことができると、会社名が入った立て札も長く目にすることができ、宣伝としてアピールすることに繋がります。

開店祝いとして利用される花のタイプ

開店祝いとして花を贈りたいというという場合、いくつかのパターンが考えられます。まず、祝いかご、或いは二段カゴなどと呼ばれる開店専用の大きなカゴ花です。これはよく開店する店舗の前に置かれているので、見ることもあるでしょう。華やかなのでお祝いムードを演出したい場合に利用されます。また、胡蝶蘭の鉢も開店祝いとして良く利用されます。豪華で高級感のある胡蝶蘭はどんな店舗の開店でも使用できます。また開店時だけでなく、その後も利用できるような観葉植物の鉢植えも良い贈り物です。観葉植物がひとつあるだけで、爽やかで明るい雰囲気になるものです。また、あまり世話の手間も必要ないので喜ばれます。予算などがあまり無い場合などは小さなアレンジメントでも良いでしょう。これはカウンターやレジなどの小さなスペースでも飾ってもらうことができます。

開店祝いに花をあげるか否か

知り合いが飲食店を開いたら、何かお祝いをしなければいけないと考えるでしょう。お金をあげるのが一番喜ばれる可能性が高いのですが、プレゼントとしてお金をあげるのはいかがなものかと考える人が多いです。それは、お金に対する考え方かもしれません。お金というのは素晴らしいものであるという考えの人であれば、開店祝いにお金をあげることに躊躇はしないでしょう。しかし、お金のことを話題にするのは良くないという考え方をする人が多いですから、お祝いにお金をあげるという発想はあまりないのです。実際問題として、では何をあげるのかというと、お花が一番多いです。お花はきれいですから、もらって喜ばない人はいません。一番手堅いプレゼントと言えますが、他の人も持ってくる可能性が高いことを忘れてはなりません。ですから、お店を開いた知り合いに友人が多いのかどうかとうことも勘案して、開店祝いを何にするか考えた方がいいでしょう。