結婚指輪を準備しています。
正確にいうと、結婚指輪を買う日がどんどん近くなってきているという事ですがそれでも気持ちの高まり方は日々変化をしています。結婚式や結婚指輪は、少々存在感が違います。
よく走馬灯のように・・・なんて言葉を耳にしますが正しくその通りであり準備をする期間に入り、結婚が近づけば近づく程今までの過去が頭を過ぎっていきます。
「こんな事があったなぁ」とか「あんな事あったなぁ」等様々な記憶が蘇ってきます。
その記憶は、新婦に対する事だけではなく、両親をはじめとして友人や恩師など様々です。
結婚というのは、独身という人生の終わりを意味していますから、そのような今までの生活への決別を表すのかもしれません。
ですが両親、友人、恩師それぞれこれから縁がなくなるという訳ではありませんし、おそらくいつもと変わらずお付き合いがあると思います。
結婚指輪とは、新郎新婦の誓いでもあり、新しい入口への鍵でもある!そのような感じではないでしょうか?
結婚指輪には色々な思い出が詰まっています、そしてまたこれから新しい思い出も入ってくる事でしょう。
そのような大切な物ですから、良いものをしっかり選びたいものです。
店舗により、取り揃えている指輪は大きく異なります。
とあるデパートの売り場に行き、数十分指輪を眺めますが決まらず、今度は違う売り場に足を運ぶ。
そしてまた最初の売り場に戻る!私はこのような感じですが皆さんはどうなんでしょうか?
価格的にも私は相当優柔不断になってしまうようです。
たまらず店員さんも相談にのってくれるのですがそれでもなかなか購入には踏み切れないものです。
結局、そう簡単に買い換える事ができないというのが分っているのでそのように優柔不断になるのだと思います。
しかし、意外とそんな時間は楽しいという事も自分では良く理解しています。
色々な思い出を胸に秘め、購入する結婚指輪はその人の人生をしっかりと記憶してくれます。
その結婚指輪を見るだけで、昔を思い出す事も出来るでしょう。
高い指輪を買うという事も大変良い事であると思いますし、多少安価な物であってもそれもまた最高な結婚指輪でないかと思います。自分の人生を込めた・・・そして今後の結婚生活の新たな思い出を込める事のできる最高の指輪を選びましょう。
このような事を言ってはいますが、私自身もそろそろ決めないといけません。
何にしようか?と迷っている毎日とお別れするのも少々寂しいような気がしますが幸せの第一歩を踏み出したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です